エフェクター つなぎ方

エフェクター つなぎ方

簡単なようで奥が深い、ギターサウンドに関するトピックスです。

ギターズ・ラボ ★ guitars labo > エフェクター つなぎ方

ギター エフェクター つなぎ方

 基本的なつなぎ方は、ギター⇒コンプ系⇒歪み系⇒空間系⇒アンプ、です。まずはこのセッティングでどういう音が出るのかを確認しておきましょう。

 ボリュームペダルやワウのつなぎ方は歪み系の前に置くか後ろに置くかでニュアンスが変わります。自分が出したいギターサウンドが出る方にしましょう。

 アンプがクリーンなセッティングなのか歪んでいるのかでも出音のニュアンスが変わります。

 エフェクター同士をつなぐケーブルはプラスティックの安物で無く、多少高価でも良いものを選びましょう。安物を使うとせっかく良いエフェクターを使っても音がショボイ音になってしまいます。

 電池は必ずアルカリ電池、出来れば安定して性能が発揮できる電源アダプターを使うのがベストです。

エフェクター つなぎ方 チューナー

 ギターのセッティングをする時にチューナーの位置は特に気を付けなければいけないポイントです。
 よくギターの次にセッティングしている人を見かけますが「NG」です。バイパス機能があるから良いからとつなぎたくなりますが、確実に音質が劣化して細い音になってしまいます。

 チューナーは「Guitar~Efector~Amp」のラインからは外すのが鉄則です。ギターをアンプにダイレクトに接続し、そのまま音を出した時に一番イイ音がするので、間にはなるべく不要な機材は入れない方が良いのです。

 ボリュームペダルのチューナーアウトなどに接続しましょう。そうすることでライブの時でもボリュームペダルで音量を0にしてもチューニングをすることが出来ます。

 アンプによっては音を出さずにチューニングが出来るチューニングアウトを備えているものがあります。

エレキギターなら石橋楽器店!

エフェクター つなぎ方 トップへ戻る