医療保険は必要か

医療保険は必要か

その保険はいざという時に頼れる「見方」なのか、「不要」なものなのか。

ギターズ・ラボ ★ guitars labo > 医療保険は必要か

医療保険は必要か

スポンサード リンク

 病院にかかる時の費用は、国の公的な健康保険制度を使うことで3割の自己負担が必要です。
 また、長期の治療や高額の治療にかかる費用の場合「高額療養費制度」によって1ヶ月に100万円の医療費が発生しても限度額として1ヶ月につき87000円程度しか支払わなくて良いという仕組みもあります。

 しかし気を付けなければいけないのは、これらは「医療費」のみが負担を軽減されるものだということです。

 例えば、入院している時の食事代(1日3食780円)や差額ベッド代(数千円から1万円程度)、家族の交通費や駐車場代、病室で使うテレビ視聴用のカード代などは自分で支払う必要があります。
 入院によって仕事の収入が減ってしまうケースも考慮しておく必要があります。

 ですので例えば預貯金が沢山あって、100万円、200万円ならそれをいざという時に病院にかかる費用に回してもかまわないし困らないと言う方には医療保険は必要ありません。

 一般的に中々そういってポンとお金を出せませんので、医療保険でいざという時に必要なお金をまかなうことが多いようです。難しい言葉ですが「医療費の平準化」という考えがあります。いざという時にまとまったお金を出す代わりに、月々少しずつ保険料を支払っておくというものです。貯金と違って加入してからすぐに一定の必要なお金が準備できる形になるのが医療保険のポイントです。

終身医療保険は必要か

 終身医療保険は必要でしょうか。

 「70歳以降は医療費も1割負担になるのでそういうタイプの保険は必要ない」という話しをよく聞きます。
 しかし、 70~74歳の自己負担が2014年春以降1割から2割へとなるように調整が進められています。これは2008年に2割負担になるところを補正予算を継続して1割負担に据え置いてきたという経緯があります。
 今後2割が3割負担へとなっていく可能性は決して無いとは言えませんね。自分自身で民間の終身タイプの保険に加入しておくことも必要かもしれませんね。
 
「若いうちは保険料の安い更新型の保険でよい。終身型は必要ない」と言う話しも聞きます。
医療技術の進歩がめざましいため、保険自体が古くなって必要な保障が得られなくなってしまうことがあります。そう言う意味では説得力のある話しですが、本当に必要ないのでしょうか。少し気を付けておきたいポイントがあります。
 
 「将来保険料の変わらないタイプに入り直そう」と思っていたところ病気を経験してしまい、新たに加入し直すことが出来なくなってしまうケースがあります。その場合は更新型のものを継続することになります。60~65歳といった収入が減る年齢かつ入院などのリスクが高まる時に更新保険料が思わぬ高額になってしまうことがあります。  

 医療保険が必要かの参考にしてみて下さい。

医療保険は必要か トップへ戻る